梁が見える天井の知っておきたい6つのメリット
 Ruang Makan by アトリエdoor一級建築士事務所

梁が見える天井の知っておきたい6つのメリット

梁が見える天井の知っておきたい6つのメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

梁は上の階の床や屋根などを支えるための構造部材ですが、大半の住宅では天井をすっきりと見せるために、天井を張って上に見える構造部材を隠すことがほとんどです。しかし、天井を張らずに構造部材を見せたまま仕上げることもできます。そこで今回は、梁が見える天井についての知っておきたい6つのメリットを紹介していきたいと思います。天井の形はインテリアの雰囲気にも大きく影響するので、天井を張る張らないも含めて、しっかりと考慮していきましょう!

梁を見せてローコストに

梁が見える天井ということはつまり、天井材を張らないということになるため、その分コストを抑えることができます。こちらの芦田成人建築設計事務所が手掛けた住まいでも、建設費をローコストに抑える様々な工夫の1つとして、室内の一部を天井材を張らずに仕上げています。広い開口のあるリビング側の天井は梁を見せて、奥のキッチン側の天井には白い天井を張ることで、天井の違いで柔らかくゾーニングしながら、リビング側に暖かな日差しが差し込み、木の香りでゆったりとリラックスできる空間となっています。

開放的な高い天井

天井材を張らないことにより、梁のない部分では数十センチ、屋根部分の場合では高い所で数メートル高い天井となります。こちらの遠藤浩建築設計事務所が手掛けた住まいでは、南側に吹き抜けを設けていますが、このように梁を残しながら一部の床を抜いて広く吹き抜け空間をつくることで、住まい全体により明るさをもたらしてくれるとともに、下の階にも上の階にも心地いい風の吹き抜ける風通しのいい家となります。

通気性の良さ

室内で暖められた空気が上昇していくことを利用して、高い場所に開口を設けて効率的な自然換気をすることができますが、天井材を張らずに梁を見せたままにすることで、より高い位置に開口を開けることができます。こちらの住まいのように屋根に天窓を設置し開け閉めが出来るようにすれば、室内に心地いい風が通り抜けるようになるとともに、住まいの中からでも青空や夜空が眺められるような快適さももたらしてくれます。

明るい室内

天井が高くなることにより、全体として明るい室内となることも大きなメリットの1つです。天井の高さと明るさが組み合わされることで、開放感もより大きなものになります。あるいは、こちらのアトリエDOOR一級建築士事務所が手掛けた住まいのように、窓側に吹き抜けを設けることで、外からより自然光を取り入れられることも、梁を見せながら高い位置に開口を開けられる空間があるからこそです。

インテリアを彩る1つのアイテムとしての梁

梁を1つのインテリアの要素として取り入れられることも1つのメリットです。特に木造住宅であれば、こちらのKOGA建築設計室が手掛けた住まいのように、屋根の木材の組み方の魅力をインテリアとして取り入れられます。また、構造部材ではない「化粧梁」という内部が空洞となっているもので、インテリアに合わせて自由にその色やデザインを選ぶこともできます。さらに、中が空洞なので、照明などの配線を中に通して、すっきりとした天井に仕上げることもできます。

ロフトと合わせて

高い天井を利用して、こちらのADS一級建築士事務所が手掛けた住まいのように、ロフトを設けることもできます。キッチンと階段の上部にロフトをつくることで、狭小住宅でも空間を有効利用しながら、高い天井がロフト空間も手前のリビング空間も快適な場所としています。このように、機能性や快適性はもちろんのこと、インテリアデザインについても建築家と話し合いながら、天井を効果的に利用してみて下さい!

天井については、こちらの記事でも紹介しています。

勾配天井の魅力まとめ集

天井材がインテリアを決める!その種類と選び方

天井は高ければ良いとは限らない!理想的な天井高とは?

 Rumah by Casas inHAUS

Need help with your home project?

Get in touch!

Need help with your home project?

Get in touch!

Request free consultation

Discover home inspiration!