北海道の長く厳しい冬でも快適に過ごしていける家の5つのポイント

Tanya harga

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
Dengan mengklik 'Kirim' saya mengkonfirmasi bahwa saya telah membaca dan menyetujui Kebijakan Privasi bahwa informasi saya akan diproses.
Catatan: anda dapat mencabut persetujuan tersebut kapan saja dengan mengirim email ke privacy@homify.com.

北海道の長く厳しい冬でも快適に過ごしていける家の5つのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
 Ruang Keluarga oleh MooS/ムース
Loading admin actions …

北海道では夏よりも冬の方が長いことから、冷房よりもむしろ暖房を利用する期間が長くなります。そうしたことから、住まいづくりも長く厳しい冬を快適に家の中で過ごしていけるようにしていくことが大切になります。そこで今回は、北海道の冬を家の中で心地よく過ごせる住まいにしていくためのポイントを紹介していきたいと思います。こうしたポイントは、温暖な地域の冬の寒さ対策としても参考になりますので、夏の暑さに加えて、冬の寒さの中でも快適に過ごしていける住まいづくりをしてみて下さい!

北海道における家の寒さ対策

北海道の冬を快適に過ごしていくにはまず家の寒さ対策が欠かせません。基本的には気密・断熱性能の高い住まいにしていくことが重要なポイントとなります。建物の壁や屋根の気密・断熱性を上げていくことはもちろんですが、最も熱が出入りしやすいのは窓などの開口部ですので、複層ガラスや樹脂サッシを用いるなどして対策を講じていきましょう。このように高気密高断熱の住まいにしていくことは、家の中での快適な暮らしだけでなく、高い暖房効率で暖房費も抑えられる省エネ住宅へとつながります。

家を暖める方法

寒さの厳しい北海道では暖房器具が何台も必要になると思われるかもしれませんが、上に挙げたように近年の高気密高断熱住宅ではストーブ一台で家全体を快適な温度に暖められるようになってきています。最近ではセントラルヒーティングを取り入れる住まいが多くなっています。セントラルヒーティングは他の暖房器具と異なり、室内の空気を汚さず乾燥もさせないので、一日中点けっ放しにしておくことも可能になります。

写真:酒井 広司(グレイトーンフォトグラフス)

家全体が暖かいことを活かした空間づくり

一般的な住宅では部屋を小さく区切って、その小さな空間を暖めることで、無駄のない暖房を行っていきます。しかし、高気密高断熱の住まいであれば、家全体が均等に暖かくなることから、お風呂場やトイレが寒かったり、他の部屋に行って急いで暖房を点ける必要もありません。そうしたことから、この家全体が暖かいことを活かした空間づくりをしていくことも北海道での快適な住まいづくりのポイントとなります。こちらのMOOS/ムースが手掛けた住まいのようにリビング空間に大きな吹き抜けを設けるなど、寒い地域だからと言って小さい空間に縮こまるのではなく、暖かい室内で存分にくつろぎ楽しめる家づくりをしてみて下さい。

暖房効率を下げない換気

換気をするということは、外から空気を取り込み、室内の空気を外に出すことになるので、冬には暖かい室内に外の冷気を取り込むことになります。かと言って、換気を怠ると湿気によって結露やダニが発生したり、シックハウス症候群のリスクも出てきます。こうしたことから、北海道の高気密高断熱の住まいでは、暖房効率を下げない換気がポイントとなります。具体的には、換気経路をきちんと計画し、機械やダクトを取り入れることで無駄のない換気を図っていくこと、また、外気を取り入れる際に室温に近い温度で取り込む熱交換型の換気システムを導入することが挙げられます。換気については、「換気について知っておきたい基礎知識」も是非参考にしてみて下さい。

雪の多い北海道に適した屋根形状

積雪量の多い北海道では、大量の雪が屋根の上に積もって家が倒壊してしまわないように屋根の形状も考えておきましょう。それには大きく分けて2つの方法があります。1つは屋根に傾斜をつけて雪を滑り落とす落雪屋根で、もう1つは勾配のない屋根でそこに積もる雪を水などで解かす方法です。こうした屋根形状によって室内空間も変わってきますので、それぞれの住まいやライフスタイルを考慮しながらも選んでみて下さい。

写真:新 良太

まとめ

北海道で快適な冬を過ごしていくには、こうした高気密高断熱の住まいが欠かせません。家全体が常に暖かいことで、室内のアクティビティの幅も広がり、冬の間でも住まいでの暮らしを楽しく豊かなものにしてくれるでしょう。また、北海道以外の地域でもこうした住まいづくりは大いに参考になりますので、夏の暑さ対策とともに上手に家づくりをしていきましょう!

写真:照井康穂建築設計事務所

【北海道の暮らしで役立つ高気密高断熱の住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

高気密・高断熱住宅の魅力と基本知識まとめ

断熱について知っておきたい6つのポイント

 Rumah oleh Casas inHAUS

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!