キッチンは照明で魅力的に変わる!

A.Imamura A.Imamura
haus-wrap, 一級建築士事務所haus 一級建築士事務所haus Dapur Gaya Skandinavia
Loading admin actions …

キッチンの照明にこだわれば、まるで素敵な舞台の様に空間がおしゃれに仕上がり、また料理も美味しく見える効果が生まれます。今や台所は暮らしの主役です。リビングやダイニングだけでなく、台所の照明計画にもこだわってみましょう!今回は、照明で魅力的に変わるキッチンのポイントをご紹介していきます。

キッチンの照明効果とは?

キッチンの照明は、作業がし易い調理場としての機能性を考慮しましょう。それから、節電がしやすい、インテリアとしての効果などを考えていくと良いでしょう。例えば、こちらは望月建築アトリエが手がける住まいの台所。こちらの調理スペースとダイニングテーブルが続く空間にはスポットライトが配置されています。スポットライトは、好きな角度に光を当てることができ影ができにくいのがメリットです。例えば、狭いキッチンやすっきりと見せたいモダンな台所空間にはおすすめのライトです。

キッチン照明でつくるムード

キッチンの照明でムードの良い雰囲気を演出したい場合は、こちらのようなダウンライトがおススメです。天井に埋め込まれたライトは、光と影の陰影コントラストがオシャレな感じに照らしてくれます。夜はこのライトだけで過ごしたり、調節可能なLEDダウンライトと併せれば、家族団欒時や調理時など、異なるシーンに合わせた明るさに調節でき便利です。

光で演出することを忘れずに

キッチンを「人に見せる」というポイントを意識すれば、舞台効果的な演出をすることができます。また、照明によって料理の印象は大きく変わります。「料理を目で楽しむ」ということを少し意識をするだけで、食材が美しく映えるライティングが生まれます。調理時の効率性と食事時のムード演出の2種類の光を配置するだけでなく、ライトの色味にもこだわってみましょう。

台所のモノの多さと照明デザイン

台所のモノの多さや収納スペースに合わせたライト選びも大切です。こちらのようにスッキリとしたモダンな台所やガランとした印象のある空間では、天井から吊るすタイプのペンダントライトなどがおススメです。小ぶりで掃除がしやすいペンダントライトを複数本下げるのも、北欧のカフェのようでとてもオシャレに仕上がります。照明デザインが視線をひくアクセントとなり空間が引き締まります。

こちらでは併せて「システムキッチンの収納拝見!」を紹介しています。

明るさと効率

例えば、こちらのようにキッチンがリビングやダイニングなどの住空間のほうに向かってオープンなアイランド型デザインの台所は、リビングやダイニングの光の影響もあります。こちらのようにデザインや色味を統一したダウンライトを配置した場合、大きな一つの空間としてまとまりが生まれ、また比較的明るいキッチンに見えます。例えば、肌が美しく見える白熱電球に近い明るさのLEDなどは、作業時の効率だけでなく白い天井や床も綺麗に見え、すっきりとしたシンプルモダンな空間に仕上がります。

作業時に役立つ手元灯

オシャレではないと敬遠されがちな作業時の手元灯は、やはり大切です。本などを見やすいライトは、調理時に料理の本を参考にするときにも役立ちます。最近では、吊り戸棚の下に手をかざすだけで感知し点灯する便利な手元灯もあります。大きな鍋を移動させる際や片づけ時にセンサーで明りが付くと便利ですね!かなり助かりますよね!

Butuh bantuan dengan projek Anda?
Hubungi kami!

Temukan inspirasi hunian