一戸建てを選ぶことの魅力とは?

Tanya harga

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
Dengan mengklik 'Kirim' saya mengkonfirmasi bahwa saya telah membaca dan menyetujui Kebijakan Privasi bahwa informasi saya akan diproses.
Catatan: anda dapat mencabut persetujuan tersebut kapan saja dengan mengirim email ke privacy@homify.com.

一戸建てを選ぶことの魅力とは?

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
 Taman oleh 一級建築士事務所A-SA工房, Modern
Loading admin actions …

一戸建てあるいはマンションを選ぶかで迷われる方も多いと思います。両者ともに魅力的な住まいであり、暮らしや家づくりをしていく上で様々なメリットを持っています。そこで今回は、一戸建てに焦点をあてて、その魅力について紹介していきたいと思います。どちらの住まいのかたちがより優れているというわけではなく、どちらの方があなたのライフスタイルや好みなどにより適しているかが重要となりますので、そのしたことを念頭に住まい選びをしてみて下さい!

一戸建てによって自由な家のかたち・プランニングが可能

一戸建ての魅力としてまず挙げられるのが、家のかたちやプランニングを自由に計画していけることでしょう。マンションの場合でもリノベーションによって、ある程度自由に間取りを変更していくことは可能ですが、増築などによって家の大きさを変更することはできませんし、高さ方向のデザインにも限りがあります。それと比べると、一戸建てでは外観デザインはもちろんのこと、家の形や間取り、さらにはスキップフロアや吹き抜け空間といった高さ方向の計画も自由に行っていくことが可能となります。

写真:45g Photography

住空間の広さ

マンションと比較すると、一戸建てではより広い住空間を得られることも魅力の1つです。マンションの床面積の平均が約70㎡なのに対して、一戸建ての床面積の平均は90㎡以上であることから、広い家に住みたいという方には理想的な住まいとなるでしょう。夫婦の寝室や子ども部屋はもちろんのこと、和室や客間、納戸などを余裕を持って間取りに加えていくことができるでしょう。

暮らしにゆとりをもたらす屋外スペース

まとまった広さの屋外スペースが確保できることも一戸建ての大きな魅力となります。マンションでもベランダが付いている場合もありますが、そのスペースは限られていますし、広いスペースであるルーフテラスでも共用であるため、使い方が限られてしまいます。もちろん一戸建てでも都市部では広い庭を確保することが難しいかもしれませんが、郊外など土地に余裕のある地域では、ガーデニングやセカンドリビング、子どもの遊びスペースなど様々なアクティビティを可能にしてくれて、暮らしに幅を持たせてくれるでしょう。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭を紹介しています。◀

※ 庭の写真ページ

プライバシーを確保しやすい

マンションでは、左右上下に住戸が壁や床・天井を隔てて隣り合うことから、音が隣の住戸に漏れてしまう可能性が高くなります。最近では、防音性の高いマンションも増えているようですが、一戸建てのように隣と距離が全く離れていないことから、音に関してより敏感になってしまうと思います。戸建て住宅でも、建物が密集する地域では隣家と接するように建てられますが、そうした場合でも自由に間取りをデザインしていけることから、寝室と隣家のリビングなどを隣り合わせにしないなどの対策を講じることができます。

増築・減築が可能

マンションでも戸建てでも間取りだけを変更するリフォーム・リノベーションは可能ですが、家の床面積を増やしたり減らしたりする増築や減築が可能となるのは、マンションにはできない戸建てだけの魅力と言えるでしょう。将来、子どもが増えたり、子どもが独り立ちした時、あるいは親と子で二世帯住宅に住むことになった時などに、その都度、家族構成やライフスタイルに合わせて家の形や大きさを自由に変更していくことができます。

写真:中村大輔/中村写真工房

【減築については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 減築について実例とともに徹底解説!

資産価値としての優位性

マンションと比べると、戸建て住宅の方が資産価値として優位性があることも魅力の1つとして挙げられるでしょう。マンションの場合、建物と土地を分けて売ることができませんので、その価値は築年数に従って低下していくのが一般的です。一方、戸建ての場合、土地の価値は築年数とは関係なく、そのまま残っていくことから、建物部分の築年数が経っていっても、マンションよりは計算できることになります。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

 Rumah oleh Casas inHAUS, Modern

Butuh bantuan dengan projek Anda?
Hubungi kami!

Temukan inspirasi hunian