Rumah by Architekturbüro J. + J. Viethen

太陽光発電システムを導入する前に知っておきたいこと

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

Tanya harga

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
Dengan mengklik 'Kirim' saya mengkonfirmasi bahwa saya telah membaca dan menyetujui Kebijakan Privasi bahwa informasi saya akan diproses.
Catatan: anda dapat mencabut persetujuan tersebut kapan saja dengan mengirim email ke privacy@homify.com.
Loading admin actions …

太陽光発電システムを自宅に導入したいと考えている方もいらっしゃると思いますが、実際にその導入における家づくりやコスト面などについて把握している方は少ないと思います。そこで今回は、太陽光発電システムを導入する前に知っておきたい事柄を紹介していきたいと思います。太陽光パネルを設置する屋根の形やデザインにもこだわりながら、おしゃれで快適な環境に優しい住まいにしていきましょう!

太陽光発電システムのパネルの種類

 Pusat Eksibisi by BBHD architecten
BBHD architecten

Entreezijde

BBHD architecten

太陽光発電システムを導入する上で非常に重要となるのが、太陽光をどの程度電気へ換えるかという変換効率です。こうした変換効率は、日光を電気に変換する半導体基板の種類によって異なってくるため、この点に注目しながら太陽光パネルの種類を選んでいくことが大切になります。また、特に夏季の強い日差しによって太陽光パネルが高温になると、変換効率が低下してしまうことがあります。高温時の変換効率も太陽光パネルの種類によって異なってきますので、パネルの温度が高くなっても変換効率の低下しにくいものを選ぶことも検討してみるといいでしょう。

太陽光発電システムの導入コストについて

  by BPM Environmental
BPM Environmental

Solar panel installation

BPM Environmental

太陽光発電システムの導入にかかる費用については、先程の太陽光パネルの種類によっても大きく異なりますし、まだまだ発展の余地のある分野ですので、将来的なパネル開発・市場拡大によっても価格は変動してくるでしょう。その中でも1つ言えることは、長い期間屋外に設置されるものであることら、単純に安いものを選ぶのではなく、長期間の使用にも耐え得るような品質の高いもの、そして万が一の際のアフターフォローや保証期間も充実した製品やメーカーを選ぶことが大切になるであろうということです。

元がとれるまでの期間

太陽光発電システムは、自宅で電気を発電・使用できるだけでなく、その余った電気を売ることができることに魅力を感じる方も多いでしょう。そのため、何年で元がとれるかということが気になると思います。当初は20年とも言われていましたが、再生エネルギーの固定買取価格制度や自治体の補助金制度によって、今では10年で元がとれる場合もあるようです。しかし、元がとれる期間は、導入にかかった費用や発電効率、家庭での使用電力量・月々の電気代によって変わってきますので、太陽光発電システムの設置を検討している方は、専門家と話し合いながらシュミレーションをお願いすることもしてみるといいでしょう。

外観にマッチするデザイン性を意識した太陽光パネルも

太陽光発電システムを取り入れたいけど、太陽光パネルを屋根にのせると、それが家の外観のデザインと全く合わないということがどうしても気になってしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、そうしたことは一昔前のことで、現在では瓦と一体になっている製品もあるなど、太陽光パネルが目立たない、あるいは家の外観にマッチするようなデザイン性を意識した太陽光パネルもありますので、是非住まいの外観との関係も考慮してみて下さい。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の屋根を紹介しています。◀

屋根の写真ページ

太陽光発電が活きるような家づくり

 Rumah by 環アソシエイツ・高岸設計室
環アソシエイツ・高岸設計室

フォレストバーンビックルーフ

環アソシエイツ・高岸設計室

太陽光発電システムを導入する際には、それが出来るだけ活きるような家づくりも考えていきましょう。一番は、家の断熱性や気密性を高めていき、冷暖房に使用する電力を効率化していくことです。特に、窓などの開口部については、最も熱の出入りがしやすい箇所ですので、積極的に性能の高い窓ガラスやサッシを選んでいくことをおすすめします。また、夏は日光が直接差し込んでくるだけで、室温が急激に上昇してしますので、遮光の工夫も大切になってきます。

【窓ガラスについては、こちらの記事でも紹介しています】

ガラスの種類と特徴まとめ集


太陽光発電のデメリットとは

 Rumah by Vumen
Vumen

Paneles solares

Vumen

電気を売ることができるなど、様々なメリットのある太陽光発電システムですが、もちろんデメリットもありますので、それも把握しながら導入を検討していきましょう。一番のデメリットは、発電量が天候や季節によって大きく変動してしまうことでしょう。また、まだまだ研究・開発がされることからもわかるように、発展途上の分野であり、変換効率などが低いという考え方もされます。導入の際に気を付けたいことは、パネル施工時のミスによる雨漏りですので、このことからもアフターフォローや保証がしっかりしているメーカーを選んでいくことをおすすめします。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

 Rumah by Casas inHAUS

Need help with your home project? Get in touch!

Discover home inspiration!